FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

ヘッジファンドを購入するには

ヘッジファンドは会社を立てて運用されている機関ではありません。
多くの場合がタックスヘイブンに名義のみ本拠を置いているようです。
そのためか、日本でヘッジファンドを購入しようとしても基礎知識がないと難しいようです。

ヘッジファンド以外の投資信託なら証券会社や銀行に赴けば購入できますが、上記のとおりヘッジファンドは実態がありませんからね。
日本に居ながらにしてヘッジファンドを購入するには、ひとつの手として、海外の先物取引業者を頼ることになるでしょう。
商品先物の業者には商品のひとつとしてヘッジファンドを販売していることが多いためです。
他の手段としては、プライベートバンクや香港の銀行、またマンファイナンシャルはヘッジファンドの大手なので購入も直接行えるのだとか。

上記のうちプライベートバンクは敷居が高く上級者向けです。
・・・というよりも、ヘッジファンドはともかくとして、プライベートバンクの最低投資金額そのものが高いため、どうしてもプロ向けと考えられます。
海外の銀行はヘッジファンドの銘柄はさほど多くはありません。
その代わり、扱っているヘッジファンドはメジャーなものが多いようです。

さて、これら以外にヘッジファンドを購入できるのが、日本の証券会社です。
日本でヘッジファンドを購入するのが難しいとは述べましたが、それは規定が細かく、ヘッジファンドを扱っている証券会社が少ないため。
ですが、現在徐々に増えてきてはいるようです。

ヘッジファンドの取引方法

ヘッジファンドの取引方法には以下の種類があります。

1・ロングショート
これは似た株価変動をすると考えられる株式を見つけ出し、そのうち割高な方をカラ売りして、割安な方は買い取り、両者の価格差を縮小させる方法です。
価格変動が似ているため、商品が連動すると多くの場合において利益が生じ、投資の手段としては確実性の高い方法となっています。
ただし、時折サブプライムローンやアジア通貨危機などの経済問題が発生すると考えられないほどの価格変動が起こるので、そうなると損害が非常に大きくなります。

2・アービトラージ
考え得る価格から大きく変動した場合、実際の価格との差額を利益にしてしまう手法・・・つまり、裁定取引のことです。
こちらはヘッジファンド特有のものではなく、ヘッジファンドが生まれる以前から富豪が行う三大利殖として数えられてきました。
どのようにしてこの手法が行われるのかというと、あまりに価格差が生じるなら安い方を買い取って逆に高い方を売りさばき、そこから利益を得るのです。
ロングショートが価格差の縮小が不確実なのに対し、アービトラージは上記によって必ず価格差がなくなります。
ロングショートも確実性は比較的高い方ですが、それより更に高いのがこのアービトラージです。

3・トレンドフォロー
価格の大きな変動を利益にするという手法がこのトレンドフォローです。
毎年の利益を確実には約束できない代わりとして、利益が生じるときにはほぼ必ず大きな利益となります。
ただし、利益となる要因となる変動は大きくなくてはいけないため、頻繁なことではなく確実性も高くはありません。
場合によっては損切りの繰り返しとなります。

経済