FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

ヘッジファンドの裏表

ヘッジファンドの一般的な意味については前回述べたとおりですが、あれを基準とはしないよう注意していただきたいと思います。
というのも、ヘッジファンドのそもそもの定義は確立されていないため。
ヘッジファンドに対する認識がイロイロとあるように、誰もが納得できる定義というものがないのです。

相場の変動に関わらず一定の利益を出す投資信託・・・と前回に述べました。
その他にも、株式・為替・商品などに募った資金を投資して、得られた利益を分配する基金だという考え方もあります。
どちらも、間違いではありません。

「ヘッジファンド」という名の由来は、リスク回避(ヘッジ)から意味がとられています。
リスクとはもちろん取引に伴うあらゆるリスクです。
これを相殺するために反対の取引を行うため「ヘッジファンド」と呼ばれるようになりました。

前回、ヘッジファンドに良くないイメージを持っている方もいる、と述べさせていただきました。
それは、ヘッジファンドそのものが法規制から逃れるようにシステムが作られており、またそれをめぐる不正や脱税が増えているためでしょう。
ニュースで「ヘッジファンド」との単語を耳にすると、「またか・・・」などと思ってしまうのも頷けます。
ヘッジファンドは「金融工学」呼ばれる戦略によって、市場の隙を狙って荒稼ぎしていると考えられています。
そのため、ヘッジファンドによって銀行はもちろん年金基金といった経済の全体的なことに悪影響を及ぼされはしないかと、ヘッジファンドを警戒する傾向が強くなってきているのです。

ヘッジファンドとは

初めまして。
当サイトは「ヘッジファンド」をテーマとして、ヘッジファンドについて関連することをイロイロと述べる予定のサイトです。
経済や株や投資について興味がある方は、どうぞお役立て下さい。

ヘッジファンドとは投資信託のこと。
相場の変動に関わらず、利益が一定であることを特徴としています。
どうやら「ヘッジファンド」という機関に(というより、この単語に?)良くないイメージを持っている方がいらっしゃるようですが、それはおそらくニュース等の影響でしょう。
まずはヘッジファンドに抱くイメージを無にして、以下を読み進めてください。

ヘッジファンドが目指しているのは、年につき10パーセントないしは15パーセントといった一定量の利益です。
年々これが倍になっていくということはありません。
そのため、周囲が暴落しているときには、それにも関わらずヘッジファンドのみが利益を得ているように感じられますが、逆に周囲の相場が上昇しているとヘッジファンドの収益が見劣りして感じられるはずです。
また、普通の株やヘッジファンド以外の投資信託と比べてみましょう。
これらの場合は手数料が1パーセントほどで成功報酬はなしと利用者に易しくなっておりますが、ヘッジファンドの場合は手数料が3パーセントほどで20パーセントの成功報酬もありと、経費が高くなっています。

本来、ヘッジファンドとは、株やヘッジファンド以外の投資信託が軟調の場合、そのショックを和らげる目的で作られたものでした。
何故なら、企業においては儲けがあったとしても不都合が出ることが多いのです。
これには毎年の決算や収益のアップダウンが関係しているのですが・・・
とまれ、そのために毎年一定のリターンを出してもらえるヘッジファンドが必要とされたというわけです。

経済